NPO法人-国際エコヘルス研究会   よくある質問お問合せリンク


質問紙「健康チェック票THI」は、{甘いものが好きですか ……… はい  どちらでもない  いいえ} の3選択肢を○で囲んで答えてもらう。この種の質問が130項目ある。
本チェック票は「健康管理の目的でのみ使われ、個人の結果は秘として本人にのみ知らされる」 とフエイスシートの導入部に明記されている。

130項目の回答は、「はい」を3点、「どちらでもない」を2点、「いいえ」を1点として点数化される。 THIの開発は1973年、都下某商社の日本人男女約6千人の従業員の健診カードに記された自覚症状や訴えを集めることから開始された。これに既存の質問紙から精神心理的質問群を加えた255問の質問紙を約500人の某会社員集団に実施し、回答結果を繰り返し因子分析して、130問で、呼吸器、消化器、神経質など12の一次尺度を作った。
さらにTHIの12尺度を使って、心身症、神経症、統合失調症、「うつ病」などと専門医によって診断された大学病院外来患者群に記入してもらったTHIの尺度得点とマッチドペアの正常者群のそれに、4患者群と各正常者群とを最もよく分離する判別関数をあてはめ、判別値によってこの4疾患を75-90%の正診率で判別診断できるようにした。浅野ら(2007)が開発した2つの二次尺度、身体表現性尺度T1と心身判別尺度T2を加えたので、合計17の健康尺度が使える。
各一次尺度は原則として10個の質問から構成される。ある人が10問全部に「いいえ」と答えていれば10点、「はい」と答えていれば30点であるから、この尺度の得点は10から30点に分布することになる 。ある人の尺度得点が普通に生活しているいわゆる基準集団の尺度得点分布のどこに位置するかを%タイル値で評価する。%タイル値を基にした得点の5あるいは7段階評価も可能である。生活習慣と13尺度の7段階評価ごとに「健康アドバイス」がコンピュータから個人宛てに打ち出される。
群馬の1万余人の7年間の追跡疫学調査の死亡データを用いて、尺度得点と死亡リスクの関係を明らかにした。心身症、神経症、抑うつ度などの傾向の大きいトップ20%群は最小の中位群と比べて死亡リスクは1.7と約70%大きいことも確かめた(浅野ら2008)。この主観と客観のすり合わせの結果も健康アドバイスに生かされている。
自覚症状等はあてにならないものとされていたが、「自覚的健康(=健康感) perceived health」 又は「健康の自己評価self-rated health」はかなり妥当性があること、また主観による申立てを構造化・数量化したことによって、個人の感情moodや性格・行動特性の評価、ストレス度の測定、疾病の判別などができるように工夫されたわけである。

これらの計算はすべて処理ソフト「THIプラス」によって計算とレーダーチャート描画される(各部参照)。
このようにTHIは自覚症状チェック票symptom check list の一種ではあるが、理論的に構造化された質問紙questionnaire となっており、17の尺度等から被検者の自覚的健康状態を多面的に数量的に評価できる。
   
「健康チェック票THI」の生活習慣項目と健康アドバイス
「健康チェック票THI」は職域用・地域用・学生用とフエイスシートが異なる3種類ある。1〜130問は同じである。130問はランダムに配列してある。フエイスシートには、性・年齢、連絡先、通勤・通学手段と時間、同居家族数、交替制の有無などがある。
130問のうち7問は、どの尺度にも属さない質問がある。それらは、喫煙、糖尿病・花粉症・ストレス状態の有り・無しパソコン時間、運動習慣、コンタクトレンズなどの生活習慣についての質問である。

フエイスシートを含めて、普通の人で10分前後で回答できる。あとは、入力2分、出力1分である。1人のオペレータが、集団のTHIの入力を続けてやり、まとめて入・出力すれば、午後半日で100人分を処理できる。

「THIプラス」の利用  「THIプラス」は、マッキントッシュでは使えず、ウィンドウズで「アクセス」がインストールされていることが必要である。
THIの処理ソフト「THIプラス」は、入力した回答を集計して尺度得点、%タイル値、5または7段階評価値を計算することと、結果を蜘蛛の巣図に描くこと、および尺度得点の7段階評価毎の健康アドバイス機能を中心に、その他にも様々な機能を持っている。
例えば、集団に実施したTHIの入力結果を一覧表にして保存・プリントする、集団の尺度得点等をエクセルフアイルで一覧表にして保存・プリントする。これらを簡易集計して、会社AとBの比較もできる。

「THIプラス」のCD-RomVer_03には、調査用紙、回答用紙、処理ソフト、利用説明書(概要篇と詳細篇)、個票書式関係、システム保守用ファイル、出力保存用ファイルなどが含まれている。
THIの結果を個人にお返しする場合は、次のA4の4枚一組を親展封書に入れる:
1) THI結果のお返しの挨拶と蜘蛛の巣図と結果表の見方の説明、
2) THIの蜘蛛の巣図と集計結果表、
3) アドバイスの1/2(2枚中の1枚目)に生活習慣と身体症状のアドバイスが、
4) アドバイスの2/2(2枚中の2枚目)に精神心理的尺度についてのアドバイスと総合コメントが
プリントされる。 3)と4)は必要がなければ出力されない方式を選択することができる。
さらに必要と要望に応じて、専門家が補足のコメントや助言を記入できるように「補足」という欄が用意されている。事例では、過重労働によるストレスを疑ってのアドバイスが補足されている。

2008(平成20)年 NPO国際エコヘルス研究会 代表  鈴 木 庄 亮